« 津軽から桜日誌 #7 | トップページ | 津軽から桜日誌 #8 »

2008年4月17日 (木)

神社へ、行こう!

歴子 「ねえ、史子~。神社ってなんか怖いよね~」

史子 「そうそう、狐の石像とかさ~」

Kitune

歴子 「あと狛犬とかもね~」

Komainu

史子 「そうそう、なんであんな怖いのばっかり置くのかしら? もっと可愛いのにすれば私達みたいな女の子もたくさん行くのにね~」

侍子 「あるわよ、可愛いの」

歴子 「侍子~!」

Usagi

史子 「う、うさぎ!?」

侍子 「そう、ここは小杉の月読神社。 十五夜には月で兎が餅をついているという話から村の人々は兎の肉は食べないそうよ」

歴子 「これなら怖くないし、一度行ってみたいわ」

史子 「そうよね、神社へ、行こう!」

歴史侍子

Blog_ranking にほんブログ村へ

|

« 津軽から桜日誌 #7 | トップページ | 津軽から桜日誌 #8 »

コメント

素敵なシリーズ(?)”神社に行こう!”スタートですね♪
月読神社少ないんですよね。津軽にもあったのですね♪

投稿: 和装美人 | 2008年4月17日 (木) 13:29

一身上の都合により暫く無沙汰いたし、申し訳ない。
確かに月読神社は少ないらしく、津軽では四社しかないそうな。
隙を突き、またくだらない日誌を献上いたす。

投稿: 歴史侍 | 2008年4月17日 (木) 13:42

(⌒∀⌒)ノ初めまして♪。
お邪魔いたしますでございます。。。
神社などの狛犬はやっぱり魔除けの意味があるから、怖げな顔つきしとるんじゃなかろうかと…いかがかな?(想像)

投稿: イドバタ | 2008年4月17日 (木) 16:49

コメントありがとうございます。
成る程魔除けの意味があったのですな。
どーりで睨まれるわけだ。

投稿: 歴史侍 | 2008年4月17日 (木) 19:14

私の住んでいる名古屋は比較的町内ごとに神社があるので、結構みなさん

熱心にお掃除や参拝に行って見えられますね!!

投稿: 雅楽 | 2008年4月17日 (木) 19:42

尾張名古屋ですか、私の好きそうな所がいっぱいですな。犬山城なんか渋いですよね~。

投稿: 歴史侍 | 2008年4月17日 (木) 21:45

こんばんは。
確か京都には狛犬ならぬ狛「ねずみ」が
あったと思います。
あまりに寺社が多くてどこだったか思い出せないのですが・・・ごめんなさい。
それにしてもいつもイラストお上手ですよね~今日も感心してしまいました。

投稿: 江戸っ子若女将 | 2008年4月18日 (金) 04:17

お褒めにあずかり光栄です。
京都は歴史好きにはたまりませんな。
お気に入りは先斗町、川床で呑んだ酒の味は今も忘れられません。

女将のF1観戦記楽しみにしてます。

投稿: 歴史侍 | 2008年4月18日 (金) 21:30

うさぎ? うさぎだ!!
これはすごい!!
始めてみました。
月読神社(つきみてよむのかな?)
初めて聞きました。
世界には、面白い神社があるものですねw
ウサギさん、こっちにも来て☆!
絵も、とっても上手ですね。親しみがもてます。

投稿: トト | 2008年4月19日 (土) 11:06

これまたお褒めのコメントありがとうございます。
歴史も絵もそれぞれ敵わぬ悪友どもがいて、私なんぞはそいつらのパクリにすぎません。
月読神社については・・、すでに和装美人殿が解説済みのようですな。

投稿: 歴史侍 | 2008年4月20日 (日) 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416676/20317709

この記事へのトラックバック一覧です: 神社へ、行こう!:

« 津軽から桜日誌 #7 | トップページ | 津軽から桜日誌 #8 »