« 『善光寺平の古木』 | トップページ | 喜蔵独り(三) 作、歴史侍 »

2007年9月14日 (金)

かぐや姫は・・・

に帰っていきました・・・by 竹取物語。

とこれは平安時代のお話。現代のかぐや姫は、しばらく地球の周りにいて、

こちらを眺めているそうですね。。。

25日の”中秋の名月”には空を見上げてみましょう・・・津軽の澄んだ空なら

今かぐや姫が見えるかも!? と、ニュースを見て思ったのでした。。

Ike070914

14日午前10時31分、月周回衛星「かぐや」を搭載したH2Aロケット13号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。45分後、高度約390キロで衛星を分離し、打ち上げは成功した。

(9月14日11時37分配信 毎日新聞 から)

和装美人

|

« 『善光寺平の古木』 | トップページ | 喜蔵独り(三) 作、歴史侍 »

コメント

中秋の名月を望みながら猿賀神社ではお祭りです
きっとまた歴史侍は酔っ払って望遠鏡をのぞかないでしょう

投稿: Nak | 2007年9月14日 (金) 17:58

オイラも思わず拍手をしていましたよ!(チョトした関係者なので・・・)

投稿: 酔うさん | 2007年9月14日 (金) 18:44

酔うさん

こんばんは。
”チョトした関係者”とは…前世はかぐや姫に求婚した公達のお一人ですね、きっと。


Nakさん
中秋の名月にお祭りですね。お祭の様子、また教えて下さい。
名月をお猿さんに取られないようにしないと。。

投稿: 和装美人 | 2007年9月14日 (金) 18:59

25日ですな、要チェック!
しかし月っつうものは満月よりも欠けているほうが
球体だということを実感できるんですよね。
みなさんも月を見るときは、球体だということを
意識して見てみましょう。

すごくリアルに見えるもんですよ。

投稿: 歴史侍 | 2007年9月15日 (土) 14:36

歴史侍さん
球体であること…そういえば地球も球体でしたね。
歴史侍さんにぴったりの本見つけました。「天体写真の写しかたがわかる本」藤井 旭 誠文堂新光社
望遠鏡×携帯電話でも上手く撮れるそうです♪

投稿: 和装美人 | 2007年9月15日 (土) 19:24

亀やら本やら見つけてくれる人ですね、ありがとうございます。
いつぞやNakが
「携帯で望遠鏡覗いてみれば」
と言ってましたが、要はそれでいいみたいですね。
(そんなあほな)と思い、正直真に受けてませんでした。
Nakすまん、今度やってみるわ。

投稿: 歴史侍 | 2007年9月16日 (日) 09:48

私の言うことはほぼ嘘に聞こえるらしい
みんな言っているから間違いない

真に受けるのはスイッチかあさんぐらいだ

投稿: Nak | 2007年9月16日 (日) 12:27

和装美人さん、こんにちは!
満月、楽しみですね。
私は今日、ちょっとだけフライングして
お団子をつまんでしまいましたが…笑

衛星の名前を「かぐや」にするというのは素敵ですよね!
でも、無事地球に帰って来てくれることを願います…!

投稿: Say Hill | 2007年9月22日 (土) 00:30

Say Hillさん、ご訪問有難うございます!
お団子は美味しかったですか~?十五夜お月様は、今夜が本番です。
今日も忘れずに食べてくださいね。

ほんと「かぐや」って素敵なネーミングです。漢字では輝夜とか書きますが、ひらがなの柔らかい感じが良いですね。

投稿: 和装美人 | 2007年9月25日 (火) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416676/7936022

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや姫は・・・:

« 『善光寺平の古木』 | トップページ | 喜蔵独り(三) 作、歴史侍 »