« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の3件の記事

2007年7月13日 (金)

西域美人

青森県立美術館でやる

旅順博物館展-西域仏教文化の精華」(7/14~8/26)

面白そうですよ。

Ike070713

西域美人

仏さまがいっぱい来そうです~

和装美人

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

ある岩槻藩士のこと

さいたま市立博物館(埼玉県大宮区)でやってる『児玉南柯(こだまなんか)展』見てきました。
18世紀の岩槻藩士で藩の行政官として、また自ら学校を作り地域の教育に尽くした人です。彼が自宅の一画に作った学校「遷喬館」は、後に藩校になります。
当時、藩校は日本全国に200以上あったとか。江戸時代にも、それぞれの地域でその土地の教育に尽くした人が居たんでしょうねぇ…。時に津軽藩の藩校は?

さいたま市立博物館↓
http://www.city.saitama.jp/

和装美人

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

ししの遠吠え その弐

獅子の踊りはかなりの種類があるようですが、

現在では概ね次のように類別されています。

①獅子起し ②宮参り ③墓踊り ④街道渡り

⑤辻踊 ⑥門誉め ⑦館誉め ⑧蔵誉め

⑨庭誉め ⑩山誉め ⑪獅子納め etc

一般的によく踊られるのは「山踊り」と呼ばれる

ものですが、ひとつの踊りのなかにも

「参進の踊り」 「庭踊り」 「追い込みの踊り」

「瀬踏みの踊り」 「橋渡り」 「山踊り」

「しめ縄踊り」 「歓喜の踊り」 「女獅子争いの踊り」

「和楽の踊り」 「お暇乞いの踊り」などと

非常に多くの要素が入っています。

もちろん平川市をはじめ、津軽に散らばる

各獅子によってその表現に差がみられ、

多様な踊りが展開されます。

Photo_18

写真はお可笑コ(おかし)

TAK

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »