« ししの遠吠え その壱 | トップページ | ししの遠吠え その弐 »

2007年6月23日 (土)

これもむずかしい。

平川市中心部から、南西約1.5kmの石郷地区にあるこの神社も読むのがむずかしい。。。

「闇(雨+口口口+龍)神社」

(すいません変換できませんでした。括弧内で一文字です)

これで、「くらおじんじゃ」ってよみます。

・・・

保食神社(うけもちじんじゃ)同様、これもふつーよめねーよ。。。

 ↓

Photo_9

祀られているのは「くらお」神でいわゆる水神なのですが、近隣に水気がないこの辺りでは、ちょい珍しいみたいです。。。

また、石郷地区といえば縄文晩期の「石郷遺跡」が所在するところとしても著名です。

TAK

|

« ししの遠吠え その壱 | トップページ | ししの遠吠え その弐 »

コメント

”うけもち”は、日本(担当:全国区)の食べ物の神様が”とようけ”とおっしゃると関係しているのでしょうね。
伊勢神宮の外宮はこの神様をお祭りしていたはず。。

水と龍はワンセットですよね。そこによく観音様がいらっしゃいますよね。

投稿: 和装美人 | 2007年6月23日 (土) 18:04

「ウケ」は食物のことを指しますので、保食(うけもち)も豊受(とようけ)も「食物・穀物」を司る神ということですね。この他にオオゲツヒメも同様です。

 伊勢神宮の外宮にこの神が祀られていますが、内宮より格が上とも・・・

 あと、水神に関連する観音様ですが、いくら使ってもなくならない水が入っている水瓶を持っているためじゃないかな~と思います(想像)。

投稿: TAK | 2007年6月24日 (日) 09:19

水が無くならない甕。一つあると役立ちますねぇ。私は龍の好みで、優しい観音様が好きでなついてる龍が多いからかしら、なんて憶測しておりました。
あと観音霊場と33という数の関係も不思議です。。埼玉県秩父にも観音霊場がございます。。お近くにお寄りの際は是非。。。
そういえば、今年は伊勢神宮の遷宮式でしたね。

投稿: 和装美人 | 2007年6月24日 (日) 12:58

いくら使ってもなくならない水は「功徳水」というんだそうです。さずが観音さまです。水の影響により収穫が左右される農耕民族にとってなくてはならない菩薩さまのようです。

そうですか、今年は伊勢神宮の遷宮式ですか。機会があればいってみたいですね。

こちらの地元にある「猿賀神社」も遷座1200年を迎えますので、今後これにまつわる話も紹介していきますよ~。

投稿: TAK | 2007年6月26日 (火) 16:50

教えてください
写真の神社は
五所川原市神山・鶉野34番1号
五所川原市漆川・浅井48番
北津軽郡板柳町・飯田・村元29番1
北津軽郡鶴田町・沖・岡田295番
つがる市稲垣町・穂積桜田1番
とは別のところにあるのでしょうか?小生,栃木県内の雨+口3つ+龍の神社を調べております。ご面倒おかけしてすみません。
http://homepage.mac.com/toky/

投稿: kyonsight | 2007年7月21日 (土) 23:43

ブログに掲載した神社は、青森県平川市石郷村元72-3に所在しています。
石郷町会のほぼ真中となっております。

投稿: TAK | 2007年7月21日 (土) 23:43

ありがとうございました
地図で確認することができました。「くらおかみ」の神の名前の神社は全国でも珍しいものですので,この夏にぜひ参拝したいと思います。栃木には1社しか見つかりませんでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyonsight/

投稿: kyonsight | 2007年7月21日 (土) 23:44

市内には、温泉や他の文化財も多いので、ゆっくり楽しんでいただければと思います。お気をつけて。

投稿: TAK | 2007年7月21日 (土) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416676/6885142

この記事へのトラックバック一覧です: これもむずかしい。 :

« ししの遠吠え その壱 | トップページ | ししの遠吠え その弐 »